ヤドカリ君

b0035015_1810741.jpg沖縄へ何度かいくうち、これが天然記念物だということを教えられた。でも、現地では釣りの餌などにして使われている。綺麗な貝殻を拾ったら、中身が入っていることもある。(小さな貝殻は気づきにくいのだ)

b0035015_1810239.jpg最近ペットで販売されているヤドカリは、海外から輸入したものなんだってね。
ヤシガニとかノコギリガザミとか、観光客が珍味で食べたがって数を減らしているものの、保護を先にやった方がいいんじゃないの?

伊平屋の野甫島に、沖縄の平屋民家を改造・増築して住んでいる、トライアスリートの通称・黄門様の家に遊びに行って、庭にドッグフードを撒くと、縁の下からこのオカヤドカリがぞろぞろ出てきて、ドッグフード争奪戦を繰り広げる。デカイ奴は要領がよく、ドッグフードを確保した他の小さな奴から奪って食べていた。ここの家のヤドカリ達は、よく育って大きかったな。
飼うんだったら、こういう飼い方をしなくてはって思ったから、私は連れて帰れない。
たかがヤドカリにも色んな性格があって、上の写真の奴は、何とか手から脱出しようと暴れていたし、下の奴は、気配が消えるまで殻の中に閉じこもって、脱兎のごとく逃げようとした。オモシロイナ~ 
これらはまだまだ小ぶりのサイズ。
[PR]
by kimunegosiki | 2004-11-26 18:26 | 自然観察


<< ノビタの反抗、そして浮上するホモ疑惑 ドードーが >>