激しく同意

「ローリーとロリキートがドライフードを食べるとき、彼らは湿った混合物を『作る』ために水入れへ飛んで行きます。多くの乾燥混合物が、通常水ボウルの底にあります。鳥が水ボウルの底でこの層を食べる事はなく、鳥にドライフードだけを食べさせるのは高くつくとわかります。しばしば彼らは床の上に、餌を食べている間や気まぐれな喜びから、ドライフードを散らします」
・・・・guide to~ Lory & Lorikeet より


b0035015_18284071.jpg今日帰宅すると、キムネケージの餌入れがひっくり返り、朝入れた量のほぼ全てと思われる餌が、糞切りの下にこぼしてあった。こんな事は珍しくない。腹が立つし、拾って食え~と言いたくなる。「しばらくメシ抜き」にしてやりたいが、うるさいし、行動と結果(自分がこぼしたから、餌がない)を理解する頭はないんだろうな、おつむが弱くてカワイソウに・・・と腹立ちを抑えて入れてやる。
b0035015_18285124.jpg
朝ウルマがギャーギャーうるさく鳴くので、「うるさいバカッ!」と、ケージをどついて家を出て行ったので、頭に来て(それはお互い様だ)一徹返しをしたのかも知れない。鳥の数が増えてくると、手乗りじゃない方が、飼い主に期待しない分、扱いやすいかなぁ・・・と思ったりする。現在うるさいのは、ガーラ、照島、それとウルマとアバサだが、牝の子達は意味なくうるさいことは減ってきた。(キムネ2羽の声は区別がつかないので、不明なときがあるが)静かなのは、大人で家に来た子ばかりなのだ。


ところで、五色会会員さんで、ゴシキセイガイ繁殖の先輩のたまさんが、ホームページを開設されました。これから色々技術を盗んでやろうと、楽しみにしています。ゴシキは、フトフとノドグロゴシキ(モドキ)っぽい2羽と、その2世、ワカケ、シロハラ、モモイロ、ヨウム、オカメ、ボタンと多種多数羽飼育です。複数のゴシキと、ローリー以外の鳥達、ブリードにも成功しているという点では、naokさんと一緒ですね。HPタイトルからして、ワカケにもご執心なんでしょうか?種は違うけど、あやしい動きと性格で、ワカケも面白そうな行動の鳥みたいです。鳥種類ごとの、比較観察行動報告など伺えたら、楽しみだなぁ~って思ってマス・・・・なんて、こっそりリクエストしたりして。
100エ-カ-の森の中のキョロの家
なんとなく意味深・・・想像をかきたてられるような、ホムペタイトルです。
[PR]
by kimunegosiki | 2005-06-18 17:33 | インコ


<< キモー 梅ドリンク その後 >>