オオハシとサイチョウ

   松江フォーゲルパークのシロムネオオハシ
b0035015_22231438.jpg
オオハシとサイチョウの違いって分りますか?
見たらわかるじゃない~~ってことじゃなくってね。

確かに大きな種類は特徴が際立っているので間違いそうにないのですが、先日私は見間違ってしまいました。
NHKの自然番組で、アフリカのサバンナの無花果の木を取り巻く自然を描いたドキュメンタリーが放送されました。無花果の木のうろを巣に子育てするサイチョウが登場したのですが、キバシコサイチョウに似た種類でした。
3羽孵ったヒナは、1羽は兄弟との生存競争に負けて飢えて死に、大きな兄弟が巣立った後に残された2番目の兄弟も、巣立ち直前に悲劇に襲われます。
この番組の主人公は、無花果の木とイチジクコバエという小さな虫だったので、サイチョウは脇役でしたが、その放送がある数日前に、「これはサイチョウかなオオハシ(コチュウハシ)かな?オオハシだな」と思った鳥が、確認したらコサイチョウだったということがあったので、「あぁ サイチョウはアフリカに生息する鳥なんだな」と思いながら見ていました。

オオハシとサイチョウの違いは、生息地域の差なのかなと思いながら、詳しい人に聞いてみると、オオハシはキツツキ目、サイチョウはブッポウソウ目で、種類が異なるという他に、オオハシはインコと同じ足指で前2本・後ろに2本なのに対し、サイチョウは前3・後ろ1なのだそうです。これは誰にでも分る確認方法ですね~! 
そのほか鼻の穴のある場所が違うということで、大変ためになりました。
質問はしてみるものですね~。

また松江フォーゲルパークに行きたいな♪
[PR]
by kimunegosiki | 2006-01-22 22:51


<< お試し品 百面相 >>