簡単な報告

気に掛けていただいている方もおられるので、お知らせしておきます。
チビ柴ちゃん引き取り手がつきました。
すでに15日の土曜日に引渡しが済んでおります。

b0035015_2358711.jpg

見れば見るほど良い犬なので、もう何日も放浪していてガリガリにやせ細っているとはいえ、それまでは粗末に飼われていた訳でもなかろううし、迷い犬の方に思考が傾くのですが、保健所や警察署に届けを出すという方へ知恵が回らないのでしょうか?
展覧会に出せるとかいうレベルとは違うから、飼育者がその良さに気づいていない可能性はあるのですが、首輪の跡もないことから、室内飼育でなければ犬舎飼いだったろうと思うのです。
そんな訳で、新しいオーナーに譲渡するのは早計だったかも知れないのだけれど、取得届けを警察署に出す事には合意の上で連れ帰って頂いております。
もういっそ、このまま名乗りが出てこないでもいいのに・・・・と思ってしまいます。
それほど色々話してみた感じ、一点の曇りもなく良い人達だという印象を持ちました。
どちらにせよ、柴の今後は安泰です。

捨て犬・猫のレスキューをされたり、動物の譲渡をするときに、様々な条件を付加する記載を目にするし、里親詐欺などの被害もあるので、周到なチェックが必要なことも理解しますが、良い飼い主になれる方々を、(余りの条件の多さに)敬遠させてしまいはしないかと気になります。
私も、やれあーだこーだとヤカマシイことを言ったこともありましたが、今は譲渡した以上は相手の所有物、人によって飼い方は違うのだから可愛がってさえもらえればまぁいいか・・・という気になりました。それだけに初対面でお話したときの感触、お会いするまでに電話口で会話したときの印象というものは、大切なものになると思っています。
(充分良い方に貰われていったと思っているのですが、フェレットを譲渡した方は、一週間後に簡単な報告とともに『また連絡します』とメールをくれただけで、知らせてくれるよう幾つか頼んでいた事項が音沙汰なしです。複数飼育者に確認したかったことだったのにな~)

※ 譲渡の顛末を書きかけているのですが、他のことでちょっといっぱいいっぱいになってしまい、なかなか纏まりません。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-18 00:03 |


<< ある意味、いかもの喰い 美貌 >>