ある意味、いかもの喰い

そういえば、家の牡も逸走したことが3、4度ある。
いずれも山中で、何かゲームに気を取られての事だが、そのうち2度は、道路距離で自宅から40kmとか80kmとか車で移動した先での事。
戻らぬまま日没になり、登山道入り口で一晩明かしたこともあった。
いずれも自力か、ほぼ自力で戻って(車までの意)来たのだが・・・・・

先日犬仲間から分けて頂いた鹿肉と猪肉を、この美食家(?)の犬に試食させてみると、鹿は食べなかったが、猪は食べた。猪の方が少し獣っぽい生臭みがあるのだが・・・・
(ボタン鍋用で販売されている質のいい肉は、殆ど臭みはないはずですよ)
部屋に上げてみたとき戯れに、インコ用のドライフルーツの中から、プルーン大の杏を与えてみた。くちびるに挟んだだけでポイと放り出してしまったが、私が手に取り音を立てて食べる振りをしたら、更に吟味した挙句、よく噛んで食べてしまった。
この犬の味覚は謎である。

b0035015_1421159.jpg

野村先生も、飼い主の食べているものに興味があって同じものを食べたら嬉しいのだから、一口食べれば納得するんだよ~てなことを言っていたし、ときどき一口与えているが、(甘やかしているつもりではない)この犬は本当に、ときどき変なものも食べるのだ。(ポテトチップス、バナナチップスetc)馬肉や鹿肉も一緒に食べてやれば良かったのかも知れない。

※ 別に野村獣医の信者という訳ではありません。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-18 02:07 |


<< てるるの嘴がこんなになってしまった! 簡単な報告 >>