孵りました!

虫の声にしては何やら妙な声で、その声に対してインコ達が興奮気味の反応をしてると思って、巣箱を覗いたらヒナが孵っていました。8月6日時点で、生後一週間から10日経過していると思われます。殻の中から聞こえるような、ちょっとくぐもった鳥らしくない声でした。ずいぶん無頓着でしたが、気になっていじくり回すより良かったのかも?

b0035015_2052780.jpg

ちー子はDNA鑑定をしていないので、雌雄の判別がついてなかったのですが、3月末に巣箱の掃除をしたところ卵を発見。シイラは牡なので、この時点でちー子が牝だと分かりました。その時の卵ですが、付着した汚れを取ろうとしたら殻が割れて、穴が開いたか割ったかした時に中身の黄身が出た汚れだと判明。卵は1個だけでした。あまり巣箱を開けて覗くことはしないのですが、7月頃に、また1個の卵があり、ちー子が中にこもり勝ちでしたが、アカエリの例もあるので余り期待はしていませんでした。

b0035015_2053632.jpg


気温が高いせいか親鳥も放置気味?冬場だったら別の心配もあったろうと思うと、この季節でよかった。まだ小さいのですが、すこぶる元気で動き回ります。まぁこの時点まで育ったならそう心配ないのでは?

b0035015_2051372.jpg


怖い顔して巣箱にふんぞりかえるちー子さん。でもま、この信頼感はアカエリ達との間にはないものでしょう。(今日はちょっと油断して、久しぶりにガーラに飛びかかられ手首を噛まれてしまった。相変わらず憎たらしい鳥であります)

b0035015_2054571.jpg


順調に成長中。便宜上7月27日(日)を誕生日として、現在生後25日。タマさんのゴシキ成長記録のヒナの写真(こちら)と比較すると若干羽の揃い方が早いのですが、7月27日より早く孵っていたのか、それとも1羽だから成長が早いのか微妙なところって感じです。

当初は2~3日に1回程度巣箱を開けて写真を撮っていましたが、最近は成長が著しいようなので、毎日見ようと思ってます。私がそんなに熱心に育てるつもりがなく、親任せに育てるつもりなので、ヒナに顔と手の感触を覚えてもらう為というのもあります。
[PR]
by kimunegosiki | 2008-08-20 20:08 | インコ


<< 大きくなっていく カラスの子 >>