中央アルプス山中のイワヒバリ

b0035015_10164912.jpg

中央アルプス宝剣岳~空木岳縦走中に見ました。別名岳雀(ダケスズメ)。岩礫帯の鳥で、人を恐れず岩やハイマツにとまり、ひらひら飛びながら美しい声でさえずるという説明通りよく見かけました。中央アルプスのライチョウは絶滅したそうです。
b0035015_1031303.jpg
他に何度か見たのは鳩くらいのサイズの黒っぽい腰の白がよく目立つ鳥。カササギに似ているけどカササギは九州北部にしか生息しないので違うらしい。山小屋の主人にホシガラスじゃないかと言われたけど、写真でみるホシガラスは白黒マダラの尾の短い鳥だったので違うんじゃないかな。何だろうあの鳥?素早く動くので写真には撮れなかった。


b0035015_1016569.jpg



オマケ画像

北アルプス剱岳付近にて
b0035015_20375845.jpg

[PR]
by kimunegosiki | 2008-09-11 10:31 | 自然観察


<< 出てコイ ハコの鳥 ちびちー子 >>