カテゴリ:モルモット( 8 )

モルちゃん

b0035015_0295640.jpg
もるちゃんが死にました。悪くなってからとても早かったです。
目やにがガサガサにこびりつき、胸までよだれで濡らし、体温も下がりかけて、これはもうダメだと思いましたが、抗生物質を少量与えて様子をみると、やや身動き出来るようになったかに見えました。しかしまた暫くしてしゃくりあげるような呼吸をし始めたので、抱き取って水を少量含ませると、すうっとこと切れました。

16歳半になったニジを安楽死させてから約ひと月。くしの歯が徐々にこぼれていくような淋しさを感じますが、ニジはガンを抱えて3年以上も頑張ってくれたし、モルちゃんはまだ早かったと思うけど、わずかにしろ観念するだけの時間をくれたうえに、看取らせてくれました。留守中の事でなかったのは幸いです。

もるちゃんのお墓を、裏の柿の木の下につくりました。
[PR]
by kimunegosiki | 2007-07-25 01:08 | モルモット

モルの体温

b0035015_2393517.jpgモルモの体重が1kgを超えました。ピーターラビットうさぎ(ネザーランドドワーフ)の標準体重と、あまり変わらないくらいです。いつの間にかという具合なので、そんなに大きくなったという印象はありませんが、数字を聞くと意外にデカイ。膝の上に置くと温かくて気持ちいいけど、伸びをしたと思ったら、ヒマワリチョコ状のうんこをぽろぽろされたりします。この便は始末が簡単で、とても楽。後ろ足だけで立ち、前足で顔をこすったりするわりに、目くそをよく付けているので、取ってあげます。いかにも草食獣という感じの、牧草風味の匂いがします。
オークションサイトの写真と紹介文に、よくにたモルを見つけて、イングリッシュだと思っていたけど、ちょっと長毛種の血が混じっているみたい。

何となく名前を付けようという意識がないので、モル(ちゃん)と言ってます。以前にいたハリネズミも、ハリ(ちゃん)でした。名付けた個体もいたけど、廃れました。呼んでも来る訳じゃないからいいのです。しかし、一番最初に飼ったハリちゃんは、(夜行性なので)夜中に放牧していたら布団に入って寝ているし、コタツの中で背中のハリから身がはみ出したような形で、手足をナス馬のように四方へ広げて、腹ばいこになって寝ているのが、小さなブタのようでぶさ可愛かったな~。あんなハリちゃんなら、また飼ってみたいけど、この動物もトイレトレーニングが入らないです。
[PR]
by kimunegosiki | 2005-10-06 23:41 | モルモット

可愛いのでついいじめてしまいます

b0035015_0432273.jpgつい出来心で・・・・・

お尻がかぽんとはまり込んで、身動きもとれず、
あらがいもせず・・・・


b0035015_039431.jpg800gオーバーでした。
最初は450gほどだったのにね。
でも、どれだけ大きくなったのか、もう記憶にございません。

[PR]
by kimunegosiki | 2005-07-12 00:40 | モルモット

夏のモルモ

b0035015_15563577.jpg体重750gになりました。暑いらしくて、最近寝ハコの中で寝ません。これは、スノコを洗って干している最中に、ペットシートをくしゃくしゃにしてしまって喘いでいる様子です。人工芝は、よいアイデアだと思ったけど、寝ハコから掻き出した牧草が間に一杯入り込み汚らしくなるのと、餌入れをひっくり返すので却下しました。冬ならいいんだろけど。

b0035015_1774259.jpg
足を投げ出して無防備な恰好になっています。

鳥は元気で暑さは平気そうですが、ガーラ・ウルマ・シイラなどが、朝からしっかり水浴びしています。ちょっと激しく動くと、すぐハァハァ喘ぐコシジロは、一番暑いの苦手かも知れません。
b0035015_177495.jpg
保冷剤をハンカチに包んで座布団にしてやると、ちゃんと用途を理解したようです。ハラを冷やさねばいいんですが・・・・・大きい保冷剤も出してきて、冷凍庫に入れておきました。
[PR]
by kimunegosiki | 2005-06-28 16:01 | モルモット

モルハウス

b0035015_2201435.jpgモルモットのお家は、内径36×69×25hのプラ衣装ケース、特売品。沖縄へ行くときにダイビング器材を入れて、カートに乗せて利用したもの。行きはゆうパックで安心配達、帰りは空きスペースに泡盛のボトルなど土産もぎっしり詰め込んで、使い勝手は良かったけれど、所詮安物・・・・重量に耐えかねて留め具が壊れてしまった。そっちは、もう少し丈夫なものに買い換えなければいけない。
いくらモルモットでも、吃驚仰天して馬鹿力を出したら、30cmくらい飛び越えてしまう可能性はあるらしいけれど、脱走に意欲をもやす動物ではないので、これで大丈夫みたい。ケージに比べるとやや通気性に劣るけれど、衣装ケースで飼育している人は多そうだ。ラビットケージに付属していたもので、鳥飼育には使用することのない木製スノコの幅を切って、調整して利用していたが、以前何かに使った残りの人工芝のハギレが、丁度衣装ケースのサイズだったので、入れてみた。モルモットはトイレを覚えないらしいが、この子はほとんどの場合、寝床の青い容器の中で用を足す。(きれい好きなのか・・・は疑問じゃ)しかし仮にそれ以外のスペースでしたところで、モルの糞は、ひまわりの種チョコレートの形で、少し時間が経つと乾燥したコロコロになるので、運悪くした直後に踏みつけられなければ、人工芝に入りこむことはない。おしっこは、下に引いた新聞紙とペットシートが吸収してくれる。なかなか具合が良さそうだ。全て元からあったものを利用できていることには、大変満足。
寝床のほうも、半分に切ったペットシートと牧草を入れてます。モルモットもうさぎやコアラと一緒で、食糞をする動物。
[PR]
by kimunegosiki | 2005-06-19 22:20 | モルモット

興味津々なゴシたち

b0035015_21161233.jpg
ぺっ ぺっっ なんじゃコリャ~

b0035015_21162594.jpg
Chu♪~

b0035015_21164037.jpg耳がきくらげみたい

※ しかし写真でみたら、まるでドブネズミだな。キャベツよりもブロッコリの方が好き。


モルモットを扱うペットショップのサイト

ペポニ

ペットイージースペース

ピモッシュクラブ

どきどきペットくんCavy を見てね
[PR]
by kimunegosiki | 2005-06-05 21:21 | モルモット

モルモ

b0035015_12172726.jpg何これ うさぎ?って母親が言った。
ペットショップで“モルモット牝”と書いて売られていたが、最近たまたまが大きくなってきた。ハリネズミの下腹部は、犬と同じだが、モルは確かに微妙。
生まれて恐らく3~3ヶ月半。成長すると牡は体重1kg程度になるらしい。
名前は誰でも知っているし、ペットショップで見ることも珍しくないけど、認識の低い動物みたいだ。実験動物のイメージが強すぎて、日本でのモルモットの評価は低すぎるという。確かにハムスターの方が、よほどメジャーだなぁ。
うさぎと異なり、ビタミンCを体内で作れないから、ペレットはそれ専用でないとダメらしい。しかもニンジンは、あまり良くはないらしい。くず野菜を色々与えてみるのは、昔飼っていた鶏を思い出して楽しい作業だ。りんごやバナナも喜んでいた。
[PR]
by kimunegosiki | 2005-05-31 12:31 | モルモット

ぷいぷい

ウサギを肩に乗せる人
あっ いいなぁ~

b0035015_1424279.jpg一ヶ月前から、こんな動物を飼っている。モルモットです。ちょこっと調べると、モルモットは色々なコートタイプの種類があって、海外ではショーも行われている(ハリネズミにもショーがあるらしいのだが)バリエーションの多い動物なのだが、これまで店で見たことがあるのは、三毛の短毛とカールした長毛だけだったので、見た目に興味を惹かれなかった。スキニーギニアピッグが無毛モルモットだというのも、この時知る。動物は毛があるから可愛いので、無毛犬(メキシカンヘアレス)、無毛猫(スフィンクス)などグロテスクにしか思えなかった私としては――まさか豚の仲間だとは思ってはなかったけど――興味すらなかったので考えてみもしなかった。モルモットはギニアピッグとも言うのでした。
突然変異で生まれた優性遺伝の形質みたいで、繁殖能力の高い動物だからだろうか?価格の下落を防ぐために♀は市場に出ないのだそうだ。近親繁殖でスキニーの子を産ませた人はいるようだ。

それはともかく、かつてウルマがいたホームセンターで、ナキウサギみたいなこのモルモットに見とれてしまい、3日間通ってやっと買ってきた。ポケットマネーで買える3900円なので、いつもやるコレ、値段ばかりを問題にする儀式な訳でもないらしい。飴屋法水さんに言わせると、これは衝動を煮詰める作業で、ムツゴロウ氏は、「その動物が夢にまで出てきたら」買うことに決めると言っていた。

モルモットは鳴くというのは知っていたが、いろいろな鳴き方で感情を表しているようだ。
なかなか癒し系で、目立たないけれど隠れたファンも多そうだ。フェレットよりちょっとおバカだと思うが、集合住宅向けの静かな恰好のペットではないかという気がする。
短毛だけど少し毛足があるので、なかなか種類が分からなかったが、短毛種のイングリッシュ種だというだということがこの写真を見て分かった。
[PR]
by kimunegosiki | 2005-05-23 14:29 | モルモット