カテゴリ:犬( 25 )

甲斐黒 号

b0035015_12211061.jpg 犬名 甲斐黒 号 (牡)
 犬舎号 愛宕荘 (山梨県)
 登録番号  1509番
 生年月日  昭和36年2月24日
 父犬  クマ  母犬  クロ
 特徴  黒虎  巻尾
 所有者  早川源一



甲斐犬愛護会会報は、昭和46年(42号)以前を持っておらず、甲斐犬現勢、日本犬写真集4(誠文堂新光社)にも当時の記載がないので分かりませんが、最後の優良日本犬メダル受賞犬だったようです。展覧会成績は4席だったと記憶しますが、子出しよく、地の利もあり種牡として大いに活躍しました。巻尾は遺伝強かった印象です。当時の血統書登録方法は、単独登録(一胎登録でない)が有効だったので、血統書が必要になってから申請する人が居たとかいう事ですが、まぁ色々ややこしい事がおきてます。
故・山本先生がご覧になった時は、甲斐黒号の血統書は、額に入れて大事に飾ってあったそうですが、牡犬なのに牝の記載だったと言われていました。
申請したのと違う名前をつけて血統書を送ってきたり(私事)、会員名簿の名前を間違えたり(知人)、結構ずさんが目立つので、愛護会本部のミスだったろうと思いますが。


b0035015_1251260.jpg


5月19日 東京の国立科学博物館に行ってきました。偶然その日は年に一度の博物館の日か何かで、入場料が無料のラッキーデーでした。ここが好きで、よく来るんだという羽鳥さんの話に触発され、懸案だった、甲斐犬の甲斐黒号と、秋田犬のハチ公と、カラフト犬のジローを見てきました。博物館は常設展だけでも、1日がかりの閲覧になるくらいの規模で、最後は駆け足になるほどでした。剥製は作られた年代等によって製作技術の差をかなり感じました。ニホンオオカミの剥製など、悲しくなるくらいの出来ですが、これら3体はそんなに悪くもないかな?でも30年くらい前の製作なので、技術的には古い部分もあると思います。ハチの剥製は後肢がどうにも不自然です。

b0035015_12502965.jpg


ジローは写真では白タビの黒毛と思っていましたが、これを見ると甲斐犬と同じような虎(ブリンドル)でした。公認犬種でない樺太犬の情報は、一般向けに少ないのですが、使役される場所が(あっても)極端に少なくなったであろう現在では、純粋犬の現存は難しい状況と思います。
日本原産犬のカテゴリーだったのか?他日本犬に比べて省みられなかった(ような印象)のは、領土問題が関係するのか、実益そのものの犬種だったから保存に手を差し伸べる愛好家がいなかったのか?その辺りちょっと調べてみたく思います。

b0035015_12504071.jpg


白い秋田犬は、忠犬でおなじみの渋谷のハチ。金毘羅さんの宮司さんが撮った正面の写真が有名ですが、耳が垂れてるのは、他犬との喧嘩の名残だそうで、もともと立ち耳の純粋の秋田犬だそうです。純粋の秋田という表現は、秋田犬の成り立ちを考えた場合注釈をつけたくなりますが・・・
当時秋田犬は都会の金持ちの道楽として、高額で取引された話は、近藤啓太郎の本で面白可笑しく読みました。

b0035015_1250569.jpg

[PR]
by kimunegosiki | 2009-07-22 12:49 |

ねこ座り

訳あって1頭の犬だけに餌を与えていた。
振り向くと牝達に横取りされることはあっても、自分は決してちょっかい出したりしない牡犬のライが、佇むでもなく、座るでもなく、普通に伏せるでもなく、折り畳んだ前足を胸の下にたくし込んだいわゆる猫座りで、ちえの2m後ろに待っているのが、ちょいと見ものだった。

「マテ」といい聞かせて部屋にカメラを取りに行ったが、もどったときには怪訝な顔して姿勢を崩してしまい残念・・・・・

b0035015_2328100.jpg

「おまえはも~~~   なんでそんなにカワイイのーー」と、
朝から目尻が垂れ下がってしまった実にくだらないできごと。



(箱猫座りが正式かも?)


上の画像は、わたしが「そこから入ってきちゃダメ」と言ったので、
足を踏み入れていないのです(笑)








こんな顔をみれば、だれも可愛いなんて同意しやしまい。

b0035015_23144714.jpg

petという単語には、お気に入り・いい子・可愛がる・甘やかすなどの意があるが、まさしく彼はわたしのpetだなぁと追認したことであるよ。
[PR]
by kimunegosiki | 2007-04-02 23:13 |

仔犬を見に行く

先週の話だけど、京都の嵐山の知人の家で甲斐の仔犬が生まれ、生後50日前後を目処にして見に行ってきた。

b0035015_1134049.jpgワンワン吠えてお出迎え。
ワタシに向かって吠え付いている犬の前にしゃがみこみ、「あー ワカッタ ワカッタよ」と言いながら、無造作にぐりぐり頭を撫でくりまわす。他の犬種、他の系統だったらもっと慎重に相手を見極めてでないと手を出せないんだけど、私にはこの子が噛まないって分っている。というか、まだ2度しか触れたことがない犬だけど、もう見るだけで通じるものがあるのですね。確信を持って触ることが出来ました。なんだろ、この感覚って。
不思議だな~。
まぁ、こいつらの中にも、威嚇やハッタリでちょい噛みする奴らはいてます。

親子ほどに見えますが、実際その通り親子ではあるけども、小さい方も生後1歳。今回の仔犬のお母さんです。日本犬飼いの中に知られている話で、どこまで信憑性があるのか定かではないけど、確実に成長が止まる年齢までに子を産んだら、母犬のサイズが伸びるそうな。そのためサイズ上限ぎりぎりの犬は、生後2歳を過ぎるまで子を取らなかったという実例も耳にした。まぁ、犬の幅は出る。食の細い犬がしっかり食べるようになる・・・なんて変化は確かにあると思うが。オーバーサイズを懸念する小型犬飼いの人だと、「水を多く飲む犬はサイズが大きくなる」と、まことしやかに言う人もいて、何を非科学的な・・・・と思うけれども、完全に否定しきれない感覚があるのと同じ。

b0035015_1134828.jpg生まれた子の中で一番黒い子。でも下毛に茶っぽい色も出てきて、黒目の中虎になりそうな感じ。
尾が見事なピン(立ち尾・薙刀尾)になりそうだった。

b0035015_11341383.jpg
今回の子達は、牡3・牝1の4頭兄弟。無事行き先が決まりました。いい人に貰われて行くんだよ~。
b0035015_1134276.jpg
b0035015_11342036.jpg

[PR]
by kimunegosiki | 2006-11-21 11:35 |

撮影データ

b0035015_23182760.jpgISO125 F5.2 1/13

足が一本ない~~

b0035015_23183571.jpgISO125 F5.2 1/10


だってよ。
止まるわけないじゃん。
低速シャッターと意識して10枚撮ったら1枚くらい(ほぼ)止められるとは思うけど、被写体が動いちゃどもならん。
晴れた日の日陰で微光量下ではないのに、フィルムカメラのデータと感覚的に随分ちがうのはなぜ??
F4 1/60 で充分でしょー?
妥協しても1/30か・・・・

そうかレンズが暗いのだな?
でもカメラの仕様書を見ると、開放値F3.5で、そんなに悪いレンズじゃないよ。


[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-25 23:35 |

ある意味、いかもの喰い

そういえば、家の牡も逸走したことが3、4度ある。
いずれも山中で、何かゲームに気を取られての事だが、そのうち2度は、道路距離で自宅から40kmとか80kmとか車で移動した先での事。
戻らぬまま日没になり、登山道入り口で一晩明かしたこともあった。
いずれも自力か、ほぼ自力で戻って(車までの意)来たのだが・・・・・

先日犬仲間から分けて頂いた鹿肉と猪肉を、この美食家(?)の犬に試食させてみると、鹿は食べなかったが、猪は食べた。猪の方が少し獣っぽい生臭みがあるのだが・・・・
(ボタン鍋用で販売されている質のいい肉は、殆ど臭みはないはずですよ)
部屋に上げてみたとき戯れに、インコ用のドライフルーツの中から、プルーン大の杏を与えてみた。くちびるに挟んだだけでポイと放り出してしまったが、私が手に取り音を立てて食べる振りをしたら、更に吟味した挙句、よく噛んで食べてしまった。
この犬の味覚は謎である。

b0035015_1421159.jpg

野村先生も、飼い主の食べているものに興味があって同じものを食べたら嬉しいのだから、一口食べれば納得するんだよ~てなことを言っていたし、ときどき一口与えているが、(甘やかしているつもりではない)この犬は本当に、ときどき変なものも食べるのだ。(ポテトチップス、バナナチップスetc)馬肉や鹿肉も一緒に食べてやれば良かったのかも知れない。

※ 別に野村獣医の信者という訳ではありません。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-18 02:07 |

簡単な報告

気に掛けていただいている方もおられるので、お知らせしておきます。
チビ柴ちゃん引き取り手がつきました。
すでに15日の土曜日に引渡しが済んでおります。

b0035015_2358711.jpg

見れば見るほど良い犬なので、もう何日も放浪していてガリガリにやせ細っているとはいえ、それまでは粗末に飼われていた訳でもなかろううし、迷い犬の方に思考が傾くのですが、保健所や警察署に届けを出すという方へ知恵が回らないのでしょうか?
展覧会に出せるとかいうレベルとは違うから、飼育者がその良さに気づいていない可能性はあるのですが、首輪の跡もないことから、室内飼育でなければ犬舎飼いだったろうと思うのです。
そんな訳で、新しいオーナーに譲渡するのは早計だったかも知れないのだけれど、取得届けを警察署に出す事には合意の上で連れ帰って頂いております。
もういっそ、このまま名乗りが出てこないでもいいのに・・・・と思ってしまいます。
それほど色々話してみた感じ、一点の曇りもなく良い人達だという印象を持ちました。
どちらにせよ、柴の今後は安泰です。

捨て犬・猫のレスキューをされたり、動物の譲渡をするときに、様々な条件を付加する記載を目にするし、里親詐欺などの被害もあるので、周到なチェックが必要なことも理解しますが、良い飼い主になれる方々を、(余りの条件の多さに)敬遠させてしまいはしないかと気になります。
私も、やれあーだこーだとヤカマシイことを言ったこともありましたが、今は譲渡した以上は相手の所有物、人によって飼い方は違うのだから可愛がってさえもらえればまぁいいか・・・という気になりました。それだけに初対面でお話したときの感触、お会いするまでに電話口で会話したときの印象というものは、大切なものになると思っています。
(充分良い方に貰われていったと思っているのですが、フェレットを譲渡した方は、一週間後に簡単な報告とともに『また連絡します』とメールをくれただけで、知らせてくれるよう幾つか頼んでいた事項が音沙汰なしです。複数飼育者に確認したかったことだったのにな~)

※ 譲渡の顛末を書きかけているのですが、他のことでちょっといっぱいいっぱいになってしまい、なかなか纏まりません。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-18 00:03 |

美貌

b0035015_22262268.jpg

b0035015_22271735.jpg

b0035015_22273297.jpg

文句なしに美犬です。牝だったら本当にいい犬だ。
b0035015_222738.jpg

よく似た犬2頭を乗せて、車で近くを走り回っている人がいたという目撃談もあるのですが、この“良く似た”というのが実にくせもので、話半分に程度に聞いていた方がよさそうです。
茶系の耳の立った犬だったという程度には譲歩しときましょうか?

とはいえ、私も小型愛玩犬の性差や顔貌の違いを見分けられるか怪しいものです。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-16 22:37 |

迷子の 迷子の

うちの犬達は珍しい新入りに興味を示し、ライはマウンティングをしたが、3頭に取り囲まれ執拗に調べられるのに柴がウウウと唸って突き飛ばす程度で、ほとんど何の悶着も起こさずに収まった。念のため昨晩は一応、ケージに収容して夜を明かさせた。
ライは、自分より牝達より目だって小さなこの牡に対して、極めて鷹揚な態度を取っている。
相手が自分より小さく大人しいこと、自分の方が強いと確信しているからこその余裕でもあるが、ふつう日本犬の牡は、こんなもんではない。もっと喧嘩っぱやい。
だが、管理方法や社会性の身につけ方に左右されるのは勿論だが、仔犬や自分より明らかに小さな犬を、積極的に攻撃する犬は、犬としてどこか異常だと思う。
日本犬の展覧会会場で、柴犬が中型犬に噛まれるという事故がまれに起こる。(大抵噛んだ方か噛まれた方が逃げたケース)これらの犬達は、値がつけられない(と飼い主が思っている)場合が多いので、犬が人を噛んだより大事になりかねない。
立ち込みといって、犬同士を向かい合わせて張り合わせ、力強い立ち姿を披露する場面では、闘志が狂気にまで発展し、歯をむき出し鼻面にしわを寄せ、見苦しく唸っている姿が、迫力があってカッコイイと、大いなる勘違いをしている出陳者も少なからずいる。

b0035015_1822926.jpg

警察署と保健所に問い合わせした。
警察は管轄を超えて、迷い犬の届け出がないか調べてくれたが、保健所は管轄内しか対象にしない様子だった。保護場所が県境なので、他県にまたがる可能性がある。
とはいえ、こうして問い合わせをしながらも、恐らく捨て犬だろうなぁという思考に傾いていたのだが・・・・

電話が鳴った。

岡山県の方で柴犬の迷い犬の届出が1件出ているらしい。年齢が12歳だというのにかなり疑問を感じるが、飼い主の方の連絡先を伺って、電話を掛けてみた。飼い主の家と発見場所では、直線距離で30kmほど離れている。

犬が失踪したのは、昨年の12月。体長は50cmくらいで、赤い首輪をし、頬に黒いほくろのようなものがあり、体重は10kgほどで、太ってはいない。色はダンボールの色に似た明るい茶色。人懐こく大人しい。名前はタロウ、お座り・マテなどしつけに良く従う。耳はかなり遠くなっている。

私が保護した柴犬の特徴。
体高35cm弱で牝のサイズで牝みたいな顔貌の牡。体重5kg、背骨が浮き上がってしまう程ガリガリに痩せている。毛色は色素が濃くもなく淡赤でもない標準的な赤毛。目色は非常に濃い。頬にはダニが付着した後らしき抜け毛の部分がある。左上第1前臼歯欠歯。人懐こく聞き分けもいいが、しつけは入れられた形跡がない。換毛が始まっている。推定年齢5~6歳。

犬歯の先端が数ミリ欠損し側面が欠けた古い形跡があるという点が類似しているが、室内飼育で、失踪時は短毛だったということで、写真を見てもよく分らないそうだ。
集金か配達の人が来て、入り口が開いていた時に出てしまい、それまでと違って戻ってこなかったのは、誰かに拉致されたのではないかと、飼い主は考えている。
これらが電話が2往復する間に分った情報だが、保護した犬はどうみても、耳の聞こえ難くなった老犬には見えないので、違うっぽい。
一番可愛がっていたという奥さんが写真を見てくれたら分るだろうか?
新聞広告を出し、これまで30~40件の情報に対応してきたという飼い主は、一度見てみたいというので、明日また電話をくれることになっている。

b0035015_2122821.jpg
※ 改めてよく見ると、マニアックな甲斐に比べて柴犬は本当に可愛らしい。
でもこの犬はどうみても、サイズも顔も牝顔ですよ~。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-13 18:32 |

捕まえた!

仕事中、柴犬が迷い込んできた。
これまで猟犬が入り込んで来たことはあったけど、これはどう見ても迷い犬か捨て犬。
ガリガリに痩せて、飴でもパンでも、バナナでも与えるものは何でも食べてしまう。
可愛らしい顔立ちをしていて、すこぶる人懐っこい。
とっさに、この犬ならどうやってでも取り手(飼い主)を見つけてやれると思って、捕まえて紐で繋いで茶店にくくっておき、昼休みに取りに行き、抱いて休憩室に連れて帰ってきた。
みんな餌をやりたがり、構いたがって大変!

迷い込んできた柴犬の老犬を大切に飼い、一年くらい前に見取った元社員がいるので、まずその子にどうかと思ったのだけど、結婚して市営住宅に移ったので、今はどう考えてもダメそうだ。(その子の友達に確認)
まぁ取りあえず家に連れて帰って、保健所と警察署に遺失物の届けが出ていないか確認だけは取ったうえで、獣医・ショップ・知人・インターネット関係と手を尽くして里親探しをするつもり。
b0035015_213234.jpg
車の後部座席の間から顔をのぞかせているのが可愛かった。

※帰り立ち寄った駐在所(警察官不在)には、『迷い犬・預かっています』と、中型雑種犬の写真が貼ってあった。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-12 21:06 |

ピクニック

b0035015_22372544.jpg
久しぶりに犬飼いのグループと集まってきました。
甲斐はやっぱり性格いいわぁ~。
私が飼ったろくでもない柴犬を含めて、たちの悪い柴や紀州に接したり見たりしてきたように、
つまらない甲斐だって居ない訳じゃないだろうけれど。


うちの牡の娘と、孫(昨年8月の牝仔犬・手前)
b0035015_23281635.jpgうちの牡は、誰彼かまわず飛びついて愛想して、だらしがなさ過ぎた。
西表滞在以降、犬が緩んで厳しさがなくなってしまったのだ。
まだ犬が1歳過ぎくらいの若い時分、友達に見せようと部屋に連れて入ったら、私の腕に抱かれたまま無言のままで、相手の服の袖に噛み付いて歯型をつけた。
彼も多少挑発するような仕草をしたし、犬も単なる威嚇に過ぎなかったはずだけれど、あの時はちょっと焦った。犬にしてみれば、家の中でいきなりドロボーに遭遇したような気分だったろう。
理由があってもなくても人を噛む犬は困るけれども、そんな厳しさや隙の無さが少し懐かしくもある。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-09 22:38 |