<   2006年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

これでも鳥切手かしら?

b0035015_135874.jpg変形記念切手も増えてきました。しかし記念切手よりも普通切手の方が換金率高いのはなぜでしょう。

某ショップのキムネゴシキちゃんが売れたらしい事に気づきました。いい子だったもんな~。
今日は、朝餌の置き場を動かそうとしてジローに噛まれ、夕方手袋をはめたまま餌入れを出し入れしようとしてウルマに噛まれたので面白くありません。手袋・・・懲りずに忘れます。
口の中はばい菌が多いので、やっぱり消毒しておかないと化膿するのですね。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-01-27 01:24

きょうのできごと

郵便局で出迎えてくれる張子の犬のあみぐるみ。職員のお母さんが、毎年その年の干支を作ってくださるんだとか。年賀状は、これまで切手シートが4~5枚当たっていたのに昨年は2枚で少ないなぁと思っていたのを下回る、1枚の当選。今年は4等が数字二組しかなかったせいもあるかも。しかし枚数からいえば確立以下。
b0035015_0231187.jpg

通勤のため車を運転しようとすると、バッテリーがあがってしまっていた。会社の方は事実上通勤が不可能になるので仕方がない。迷惑をかけるが休ませてもらう。月曜日も雪で休みになったばかりだというのに・・・・

バッテリーは数ヶ月前にも丸一日近く放電させてしまっていたので、今度はいさぎよく買い替えたが、ホームセンターで2千円せず意外に安かった。とはいえまだ店の開店する時間ではないので、朝はニュース系の番組などを見ていたが、昨日ほどではないといえ各局ライブドア・・・・というよりホリエモン関連の報道が多い。月額200万円のマンションから、暖房なし3畳の独居房へというのは、女性誌なみの下世話な話題だなーと思うが、多くの人の興味をツボを承知の上の報道だというべきか・・・?女流小説家が、世間はきらきらしたスターが好きだが、有名人が地位や人気が失墜して栄光から転落するところを見るのも大好きだ。そして敗者復活戦というのもまた好きなのだとコメントしていた。人間観察が職業だけあってうまいことを言うなと思った。
敗者復活といえば、ムネオさんも大きな顔して出ていたが、この人はその最たるものか。ふと思いついて鈴木ムネオ氏をネット検索してみたら“ものすごい”ホームページが存在して、エンタテイナーぶりに感心。こっちの日記は社長日記よりまめそうである。(ご本人のHPです)
6年前のインターネットダイヤル接続だった当時、無料プロバイダーのライブドアを利用した頃には、まだ違う会社だったのだなぁとか、ホリエモンがドラえもんに由来するニックネームだと、最近になってようやく知りました。

b0035015_112193.jpg
切手植物園のサイトに刺激を受けて、切手鳥コレクションを製作中。国内切手に哺乳類題材のものは少ないけれど、鳥シリーズは過去に何度かあり、その他のモチーフにもよく利用されているので多いです。上記は初登場のシール切手として話題になったドラえもんに続く、第何弾めかの切手シート。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-01-26 01:17

お試し品

b0035015_9554376.jpg

プリティバードのサンプル2種と、ナチュラルゴールドのスモールサイズを買ってきました。
ナチュラルゴールドは一先ず置いといて、形状の違い、食感の違い(ローリー用より歯もろい感じ)があるものの、気づくほどの味の違いはなかったようです。お腹が空いて仕方なく食べていたようですが、決して喜んでいませんでした。でもつかんで食べるのがいいという鳥もいると思います。

物音と後からの現場検証での想像になりますが、昨日の朝の照島は、巣箱から出て止まり木に飛び移ったところ、それが落下して吃驚仰天したようです。30分くらい興奮冷めやらぬ様子で鳴き立てていました。
餌入れに何時もと違う餌しか残っていなかったので、飯寄こせーという抗議もあったのかも知れません。日差しのあまり強くない季節や、曇りや雨の日は、鳥達は一日中割りあいに静かです。遊んでいる時のコシジロが、時々けたたましい程度。でも幾らかは飼い主の馴れもあるかも知れません。

サバイバルガイドは、結構面白く読み進んでいます。ローリー飼いが、わが意を得たりいう形容があちこちにあります。
例えば―「ローリーは大胆で恐れを知りません。家族の猫または犬に接近することをなんとも思わないです」とか、「まるで彼らだけが聞くことができる曲に合わせて拍子をとっているように、彼らは繰り返して上下に動きます」などなど、思わずほくそえんでしまいました。

※頭部の上下は、幸せな、安定したローリーの行動なのだそうです。

b0035015_10264314.jpg

[PR]
by kimunegosiki | 2006-01-24 10:28 | インコ

オオハシとサイチョウ

   松江フォーゲルパークのシロムネオオハシ
b0035015_22231438.jpg
オオハシとサイチョウの違いって分りますか?
見たらわかるじゃない~~ってことじゃなくってね。

確かに大きな種類は特徴が際立っているので間違いそうにないのですが、先日私は見間違ってしまいました。
NHKの自然番組で、アフリカのサバンナの無花果の木を取り巻く自然を描いたドキュメンタリーが放送されました。無花果の木のうろを巣に子育てするサイチョウが登場したのですが、キバシコサイチョウに似た種類でした。
3羽孵ったヒナは、1羽は兄弟との生存競争に負けて飢えて死に、大きな兄弟が巣立った後に残された2番目の兄弟も、巣立ち直前に悲劇に襲われます。
この番組の主人公は、無花果の木とイチジクコバエという小さな虫だったので、サイチョウは脇役でしたが、その放送がある数日前に、「これはサイチョウかなオオハシ(コチュウハシ)かな?オオハシだな」と思った鳥が、確認したらコサイチョウだったということがあったので、「あぁ サイチョウはアフリカに生息する鳥なんだな」と思いながら見ていました。

オオハシとサイチョウの違いは、生息地域の差なのかなと思いながら、詳しい人に聞いてみると、オオハシはキツツキ目、サイチョウはブッポウソウ目で、種類が異なるという他に、オオハシはインコと同じ足指で前2本・後ろに2本なのに対し、サイチョウは前3・後ろ1なのだそうです。これは誰にでも分る確認方法ですね~! 
そのほか鼻の穴のある場所が違うということで、大変ためになりました。
質問はしてみるものですね~。

また松江フォーゲルパークに行きたいな♪
[PR]
by kimunegosiki | 2006-01-22 22:51

百面相

b0035015_238404.jpgウルマの変な顔

目じりが上がってアイラインを
引いたように見えるのと、
b0035015_2384976.jpg極悪目つき


プリティバードのホームページが変更になったかもしれません。
↑ 以前のUPLで見つからないので・・・・
[PR]
by kimunegosiki | 2006-01-20 23:11

エクストリーム!

b0035015_2226181.jpg私はこれまでコシジロインコは、大人しい穏やかな性格の種類と思っていました。
コシジロは○○な鳥ですよ・・・・という事を、あまり言わずにいたのは、個体差を考慮する必要を承知していたというより、アバサを差して「これがコシジロのステレオタイプだと思ったら違いますよ」と最初に釘を刺されていたのがインプットされていたからかも。別の人からも「コシジロは噛むよ」と言われていたし・・・・
ジローも人懐っこい愛嬌のある性格だけれど、餌を目の前にしてカーッとなったりすると見境いがなくなって噛むことがある。つまむような噛み方とはいえ、鋭く尖ったクチバシが刺さって血が出ることもしばしばだ。これでも力はほとんど入っていない。及び腰だったのが、近頃は『撫でてくれー』とケージ越しに、写真のような恰好で寄って来るようになり可愛らしい。

サバイバルガイドのコシジロの項目を読んでいたら、「とても攻撃的で頑固。ローリー特有の気まぐれさの最たるもの。激しい小鳥」と、実物に接したことがない人がひるみそうな特徴が列記してあった。"Extreme Lory" (過激なヒインコ)または、 "lories squared."(ヒインコの自乗)と表現する通例もあるらしい。
“stubborn”には、 「頑固な」という他に、「言う事をきかない」「扱いにくい」「手に負えない」という意味があり、“Extreme”にも「極端な」「最高の」「非常に厳しい」という和訳があるから、「攻撃的で扱い難い、非常に厳しい性格」と訳したら、コシジロインコのイメージはかなり悪くなりそうだ。もっともこの筆者も、「遊び好きの性格で愛玩のヒインコで最も人気のある一つ」と、コシジロの良いことも書いているのだけれど。

アバサとジローは、よく取っ組み合いの喧嘩もしているので、またかと思って覗いてみると、ロープにぶら下がって激しく揺すりながら鳴きわめいているジローだったりして、遊び方も実に騒がしく、国旗掲揚台のロープでターザンごっこをする子供みたいだ。(アバサも随分にぎやかに遊ぶようになったけれどね)
[PR]
by kimunegosiki | 2006-01-19 23:07

ペレットについての考察

私は、私の飼い鳥に、50%以上のペレット食を与えています。
ドライフード(粉末を含む)は、ローリーのペットとしての販売促進のために、開発されたということですが、批判的な意味であろうとなかろうと、それの恩恵を充分に受けています。
餌を与える手間と、糞の汚れが軽減されるという両方からです。
プリティバード社は、アメリカでのシェアが1位になろうかという大規模なメーカーのようだし、自社の研究施設も持っているでしょう。ソフトビル用の餌の説明に、低鉄分に配慮して作られているという表記がある一方、ローリーの餌に同じ記載がないのが何故なのか気になりますが、先刻承知で書くまでもないということでしょうか?餌の管理の難しいオオハシやサイチョウ類に、色々試した結果、ペレットを与えるたら一番コンディションが良くなったという体験談を聞いているので、難しい種類を上手に育てる餌を作れるメーカーが、普及種であるローリーの餌は、当然きちんと作っているだろうと思いたいです。

メーカーの表示に普通されていない、鉄分含有量について数少ないデーターを表しているのが、「サバイバルガイド」著者が作っている下記のサイトでした。
ヘマクロマトーシス
しかし同じ粉末餌での比較なのかも知れませんが、プリティバードとケイティはいずれもローリーに特化したペレットを作っているメーカーなのに、このサンプルはいずれもハンドフィーディング(全種類対応のヒナ餌)なので、参考にならないのが残念。

Margrethe Warden女史が、このサイトの別ページでも書いているように―それはサバイバルガイドのダイジェスト記事でもありますが―ローリーにペレットを与えるのはよくないという意見があることは知っており、以前から疑問に感じていました。
翻訳ページで紹介したように、ローズマリー・ロウもこの点に関して含蓄のある内容を書いているのですが、私の理解力の乏しい頭で考えると、ペレット餌に餌付きにくく頑固に拒食するゆえによくない・・・・という部分がかなりを占めているように思われました。
流動食を与えないと健康を害するように感じられる文章なのですが、具体的な事例や、それ以上の説明がされていないので、理解しにくいものになってしまいます。
経験豊かなベテランとしては、ペレットみたいなものを与えたくないのかな~という風にも読めてしまうのですが、どうなんでしょうか?

※ベタファームの会長?社長?は、ロリキート(ローリーも?)に流動食は必要な訳ではないという意見です。

※ローズマリー・ロウは、「ヒインコに餌をやることでたいへん一般によくある間違いの一つは、食物をあまりに液体にすることです」とも書いています。これは、乳糖またはガラクトースの高い内容は、運動失調症を引き起こすという意味に限定するのかも知れません。

※同じくローズマリーは、オトメズグロやヨダレカケなどオビロインコ属のローリーは、少なくとも2~3割以上の固形食(果物、野菜、少量のヒマワリの種など)を必要とするとしています。(セイガイインコやコシジロインコは典型的な雑食ローリーなので、言うまでもないということか?)

b0035015_1534582.jpg与えるなりコシジロが水に漬けてしまったペレット(ほぼ与えた全量)水を切ったら食べていた。
ボトルも利用するのだが、水入れの容器の方が便利らしい。餌入れの横に小さな水入れを用意してやるか、餌入れと水浴び容器を離して設置するなどで、ある程度対応可能。
6羽のゴシキ達で、こんな食べ方をする鳥はいない。
コシジロも最近割りとお行儀がよくなった。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-01-19 15:23

乳酸菌

ペレットの成分比較表を、材料表示順に並べ替えると共に、表の推敲をしました。
細かいミスが多少あったので、元の表を保存された方がもしおられたら、破棄してください。
そして、ナチュラルゴールドに配合される、ヌクレオチドなんですか?これは何だろう?
何か聞いたことがあるような名前があるなと思っていたら、ベタファーム社製品のサプリメント・プロボティックと殆ど共通する乳酸菌やバクテリア類だということが分りました。
体験として実感した訳ではなく、ただ受け売りで与えてきたサプリメントではありますが、乳酸菌というのは、腸内細菌を整えるのに大変効果がある・・・・という辺りまでは、誰でも何となく分っています。

ペットフード関連の本を読んでいて、まぁ全てを真に受けて信仰のように崇拝する訳ではありませんが、腸内細菌の数こそが寿命を決めるのだという説があります。
アトピーの子達は腸内細菌の数が正常の1/1000くらいに減っている。アトピーのひどい症状も腸内細菌を正常に戻すことで改善されるらしいし、腸内細菌がタンパク質を使って免疫細胞を作るから、ガン細胞なども押さえる効果があるそうです。(菌にもDNAがあるので、自分由来の乳酸菌を培養して作って~というのが効果が高いそうですが)
体験としては、ある方の飼い犬がどういう訳かすごく体臭が強い。何でこんなに臭いんだろう・・・と言われるので、ダメでも害にはならないしモノは試しで乳酸菌を与えてみたらどうでしょう?と提案してみたら、手元にビール酵母があるので、じゃあ取りあえずこれをやってみると試してみたところ、2週間ほどでかなりましになったと言われていました。こうして目に見えるかたちで効果があれば、何だかかなり体に良さそうな気がしませんか?家ではプロボティックは、水に溶いたらもったいないので、粉餌に混ぜ込んで与えています。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-01-18 22:56

サバイバルガイド!

The Lory Owner's Survival Guide
b0035015_22443293.jpg海外から洋書が届きました。オーダーから丁度一ヶ月。カードを使えば割と簡単なものですね。(カード事故がないことを信じているんだけど)今度はLexiconでも注文してみようかな~。

ざっと目を通してみたところ(って言えるくらい英語読解力があれば苦労しないんだけど)モノクロの写真がぽつぽつある以外は、イラストもない、全く文字ばかりの本ですが、なかなか(何となく)面白そうです。

目次、前書き、確認応答

第1章 【ヒインコへの導入、鳥類飼育とは何か?、ヒインコを理解するために、貴方に適切なヒインコを選ぶ、ヒインコを入手する】

第2章 【ヒインコの世話とメンテナンス、ヒインコに食物を与える、ネクターとパウダー、果物と野菜、スプラウト、有効な食物、ペレットに関する論争、避けるべき食品、水、鳥かご、おもちゃ、牡か牝か?、入浴、換羽、掃除と殺菌、温度、照明、隔離、健康診断、ヒインコの通常の行動、羽の手入れ、お喋り、擬人化と行動、インターネット、動物園のヒインコ、ヒインコと一緒の旅行】

第3章 【ヒインコの繁殖】

第4章 【ヒインコの健康と病気、ヒインコで見られる一般的な障害、脂肪過多の肝疾患、ヘモクロマトーシス(鉄の蓄積症)内蔵痛風、重金属毒性、毛引き、寄生的な感染症、真菌感染、細菌性及びウィルス性感染症、西ナイルウイルス、ポリオーマウイルス、オウム病、Proventricular肥大病、大腸菌と他のバクテリア、事故と危険、検死、身繕い、翼羽クリッピング、爪トリミング、くちばしのトリミング、非常事態、応急手当、タオルを使っての制御、家庭における幾つかの非常事態、卵詰まり、壊れた血羽、その他の出血、夜間恐怖症、脱水、猫や犬による噛み傷、安全かそれとも危険か?、家庭における幾らかの毒、花、若干の安全でない植木】

第5章 【よく尋ねられる質問】

第6章 【ヒインコ科(LORIIDAEの一族)、絶滅にひんした種、保護と維持、輸出入、属と種類、テリハインコ属、イロドリインコ属、ヒインコ属、ジャコウインコ属、オビロインコ属、ヤマムスメインコ属、タカネインコ属、ハナレインコ属、コシジロインコ属、Psitteuteles属(セイガイ属内の)、セイガイインコ属、ムスメインコ属】

引用、インデックス


以上のような内容になっています。興味のある人は、→こちらのサイト
から購入できます。(その節はがじまるさんお世話になりました)


※かなり英語が出来ると誤解している人もいると思いますが、私の会話能力は、スクールに50万円くらい投資しても全然進歩しておらず、(そのうち30万は職業訓練給付金制度でキャッシュバックしてもらいましたが・・・・)頼りの綱は、一連の洋書を読むために導入した1万5千円程度の廉価翻訳ソフト(OCR付属)なのです。興味のある項目から、また少しずつ読んで行く予定?
[PR]
by kimunegosiki | 2006-01-17 23:12

ローリーセレクトとナチュラルゴールドの成分比較

ちょっと考えれば、プリティバード社のホームページに各種ペレットの材料および成分表が掲載されているので、これを比較してみればよいことでした。
そして突きあわせてみたところ、ちゃんとローリー専用餌には、フルーツや野菜など鳥に与えて好ましい材料が使われていることが分りました。ざっとした比較表を作ってみたので、ご覧ください。メーカー表示は、材料の配合の多い順から表示し、使用したもの全てを書き出しているとは限りませんし(国内のペットフードの表示は、80%で良いとされています)、逆に少量しか使っていなくても表示することもあるから、おおよその目安として考えていただければと思います。
なかなか興味深いので、プリティバードの各種製品、同様に鳥種別ペレットを製造しているケイティの製品など比較してみたいです。飽きないうちに・・・
ローリー餌の横の比較は、それのページも作っていますが、各社毎に表示方法に差があるので、どうでしょうね?ベタファームなどあまり詳しい記載がありませんし。


成分比較表を作ってみました。

追記:成分比較表にデーターを追加しました。(カッコ)書きになっているのが、カラーペレットのPECIES SPECIFIC シリーズです。アフリカン用の材料と、オオハシやサイチョウ類の成分がかなり異なっていることが分りました。改めてケイティの品揃えを見ると、厳密に種別毎の製品を作っているのは、プリティバードだけなのかも・・・・

アフリカン用・・・大部分のアフリカの種類と、中型から大型のコニュア用を対象としており、よりカルシウムを含有します。

オオハナ・・・・自然由来の成分である果糖で製造されます。

コンゴウ・・・・・コンゴウインコ、ニョオウインコ、ヤシオウムのように、高脂肪分を要求する種類のために設計されます。

ソフトビル・・・・九官鳥やオオハシ類の給餌と管理を単純化します。天然由来の果糖で製造されます。この製品の鉄分は60ppm未満で、現在安全であると推薦されるレベル以下の含有量です。

デイリーライト・・・・より低脂肪であるのが特徴で、太りすぎの鳥、特にボウシインコと大きなオウム類に役立ちます。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-01-16 15:11 | インコ