<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

アカエリ雛 ほか 4月28日(21日)

b0035015_18325.jpg

相生店のアカエリ雛は生後約3週間になり、ようやく鳥の雛らしくなってきた(だろうか?)
見方によってはまだ桃色トカゲ・・・・

恐らく普通に販売対象になるだろうが、どうか是非売れてくれよ・・・と願っている。
(売れようが売れなかろうが、私には何の関係もないのだが)
それまでは、成長のお姿を拝見させてもらいたいものだ。

b0035015_1134916.jpgb0035015_112883.jpg

b0035015_1154946.jpg半円型の餌入れの中で、すくすく育っています。



オリーブコセイガイは、オーナーズクラブ対象になったのか、繁殖ケージの空きが出たためか、繁殖ケージに移動になっていた。



相生店のヒナ部屋にいる子なんですが、この亜種が判別出来るでしょうか?

b0035015_1283770.jpg先日キムネ、フトフ、オトメズグロ達と一緒に入ってきた中の子。

DK2Pのページで、たいへん類似した写真があります。SOLDになった鳥の画像ですが、下記UPLの下の方に載ってます。DK2P
恐らく撮影時にストロボを使った加減で怪しい色に見えるが、ホンゴシキだろうと思っていたけど、間違いだったようだ。


この画像を見れば、ホンゴシキに間違える事はないと思う。(自然光撮影)
b0035015_1424849.jpg
ノドグロゴシキモドキちゃんです。通称ブルーヘッド。
最初にこの種を見たのは2004年秋のだったが、それ時も含めて複数入っていたと思う。腹部の色に、かなりの違いがある様子。(DK2Pの写真の子は、色も類似しているようだし、リングも左足についているらしい様子から、同一ファーム出だろうと思われる)



同じようにストロボ使用で撮影した、2つの種の写真を並べておきます。
b0035015_1543854.jpgホンゴシキ


b0035015_1545216.jpgノドグロゴシキモドキ



余談ながら、私が昨年7末 小田急百貨店ペットワールドで拝見したノビタ似の色のホンゴシキは、10月にご覧になっている方がいるのですが、別の方が3月に行った時にはいなくなっていたそうです。何となく気になって電話で尋ねてみたら売れたらしい。

もしかして、私の知っている人かな?




※9時から寝てしまい、夜中に目が冴えてしまった。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-29 01:09

ケージ新調計画

マルカンタワーケージ             HOEI915小鳥b0035015_046298.gif
b0035015_0493418.jpg
現在コシジロに使っているマルカンタワーケージ(W620×D460×H825)を洗いがてら、
HOEI915小鳥(W515×D515×H570)に交換してみた。
高さは勿論前者の方があるが、床面積は後者の方がゆとりがある感じがする。(実際は狭いのだが)これは小鳥を飼っていた時に、引き出しがないタイプの方が餌が飛び散り難いように感じて選んだものだったが、中型インコには網がやや細く、網目間も狭いように思う。
網目間は、マルカンやアイリスの小動物ケージが2cmで、桜井鉄工の太線タイプだと1.7cm。
熱い湯と雑巾を使っての拭きあげや、スポンジタワシ(の半面についたザラザラの奴)で1本づつこするのも可能な網目幅。小鳥用の細い網目間は、汚れがこびり付き易いように思うので、コシジロでしばらく試してみる。

先日桜井鉄工さんに、オーダーケージの見積もりをしてもらった。
文章に書いたほうが分りやすいと思ってメールで問い合わせしたのに、返信はファックスだった(笑) ファックスのカーボンを切らしていたので、電化店で買ってきてようやく受信した。
角カゴ81タイプのサイズで、長辺に引き出しがあり、太線仕上げ+糞切り付き・・・・ということで、1セット¥8500- 送料 ¥1500- 4セット以上なら 1000円値引き(送料込みで9千円という事なのか、1セット ¥7500- で送料は別計算になるのかは不明)
既製品よりも千円程度のアップなので、良心的価格に思う。


角かご81番 (W810×D580×H60)
出入口25×25cm、網目間1.0cm
引出し式カラー鉄板
¥6200- (底面¥1000- 前回加工費サービスで糞切りを製作してもらった)
b0035015_0355966.jpg


この期に、シングルのゴシキ達のケージ(アイリス)も全て新調しようかと思いもするが、現在既5つある不要ケージ(小3つ、中2つ。でも移動などの折に必要になるかも知れないので、保存しておく)に加えて3つも空きケージが出るのも惜しいので、一先ずコシジロ分だけオーダーしてみようか。横20cm・縦13cm 大きくなったら、大分違いがあるだろうか。
システムラックを使えば、現在の鳥スペースにこのケージを6つまで設置可能だ。
既製の小鳥ケージは、高さはあっても縦・横幅の狭いものばかりで、まったく使い物にならない。日本の住宅事情にあわせて、床面積の狭いものを製作しているのかも知れないが、横には並べられなくても、上に積み重ねれば済むことなのに・・・と思う。

アカエリペアが入居していた時は、後部・障子面にビニールクロス(温室で利用していたもの)を貼っていたが、コシジロは汚れを拭き取るのも大変なくらい汚すので、新聞の1日分をホッチキスで留めたもの×2面を貼り付けておき、汚れたら一枚づつ剥ぎ取って捨てるように変更した。床も一面に新聞紙を敷き詰め、見栄えは悪いが一番楽な糞対策である。

※ 誰か共同注文を考える人がいれば、連絡ください。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-28 01:17

ガーデン用品

お部屋にもグリーンを・・・・
b0035015_17595195.jpg
ホームセンターに灯油(@75×92ℓ)を買いに行かされたついでに、植木鉢(柴犬)が半額で990円だったので買ってみた。
中身はスパティフラム698円

こちらはウォーターガーデン用の(?)浮き球、一個128円
ウォーターガーデンは、手水鉢型やら、蛇口+木桶風やら、ししおどし型やら色々揃っているが、2千円弱から4千円前後までと、感覚的にかなり安い。
熱帯魚代わりのバーチャルペットにも良いのではなかろうか?
b0035015_180157.jpg
父親の金魚水槽に、黙って放り込んでおこうと思って買って来たが、鳥達の水入れに遊びで入れてみた。
ローリーのお風呂のオモチャといった具合。
シイラとノビタは、少々興味を持っていたようだ。

目を放していた30秒弱の間に、ノビタがアヒルを水入れの外に出していた。
こんなつるつるのもの「どうやって出したのか、もう一度やって見せてくれ」と言ってみたが、二度はやってくれなかった。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-27 18:10

へんな癖

照島(画像はそれっぽく見えるものを選択)
b0035015_12461715.jpg
はば80cmの止まり木を横に走り、金網をつたって垂直に滑り降り、網目の間にクチバシを突き出しながら、腹ばいになってバタバタ動く。
これを連続して行うのを見ました。鶏が砂浴びをする恰好に近いです。

単純に、意味無く変な癖と片付けていいのか?
餌入れの上に仰向けに寝そべるズアカハネナガ
ケージの横網にクチバシでつかまり、縦網にかけた両足を交互に滑らせるアカエリ
同じくクチバシでつかまり、両足を同時にバタバタ上下にふるズアカウロコ
照島はまだ、意識して頻繁に行っている行動でないから、なくて七癖に分類される段階かも知れないが。

b0035015_13245757.jpgクチバシはこのようになってきました。上部が自然に剥がれるっぽい。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-27 13:25

撮影データ

b0035015_23182760.jpgISO125 F5.2 1/13

足が一本ない~~

b0035015_23183571.jpgISO125 F5.2 1/10


だってよ。
止まるわけないじゃん。
低速シャッターと意識して10枚撮ったら1枚くらい(ほぼ)止められるとは思うけど、被写体が動いちゃどもならん。
晴れた日の日陰で微光量下ではないのに、フィルムカメラのデータと感覚的に随分ちがうのはなぜ??
F4 1/60 で充分でしょー?
妥協しても1/30か・・・・

そうかレンズが暗いのだな?
でもカメラの仕様書を見ると、開放値F3.5で、そんなに悪いレンズじゃないよ。


[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-25 23:35 |

ターコイズ

b0035015_22135372.jpg
頭頂のターコイズがよく見える写真を撮りました。
ちなみに背景は、やや散りかけたゆすら梅です。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-24 22:15

かわいい

3月に入店していたキムネゴシキの雛たち。
2羽の間には、多少の日齢差があるようでしたが、生後およそ35~40日前後か?
右の子の黒クチバシと、口の中の黄色がきゅーと!

b0035015_0431317.jpg


上の写真より11日後。 バレエ踊っとるー!
飛び出てくるので、青いフタで仕切りをしています。
b0035015_0432080.jpg


大きい子は元気に飛び出ようとしています。
b0035015_0432838.jpg

2羽はお互い(特に左の子)相手のことが気になって仕方ないようでしたが、この先分かれて売れていくことと、手乗りとして馴れ易い事を念頭において、1羽ずつ隔離して育てているのでしょうね。
でも、他の鳥に対して排他的になるので、自家繁のオカメインコなど、あまり早い時期から1羽づつで飼育しないように変わってきたという経緯があったという話を聞いたことがあります。
その鳥が繁殖に適しているかというのは、育った最初の環境にも左右されるのかも知れません。特に小鳥以上のインコは、本能よりも学習の占める割合が大きそうなので、人工繁殖・人工飼育・1羽で育ったよく慣れた手乗りの鳥は、正常な繁殖行動が取れない可能性が高いのではないでしょうか。
コウノトリだって、親鳥の頭部を模した特別の飼育道具を使って、人間を親だと錯覚させないよう殊更の配慮をするではありませんか。
家のアカエリとキムネの違いを見るにつけ、いっそうその思いが強くなりました。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-24 01:03

舌の形状

b0035015_2221369.jpg

画像をチェックしていたら、けっこういい具合に撮れているのがありました。
舌の先端・中央部に、ちょうどひし形状に見えるのが、刷毛舌の部分になります。
これは、両側から内に向かって刷毛が折り畳まれ収納された状態になっています。
何かを味わうときは、イソギンチャクの触手のように刷毛が広がります。
飼育していても、日常生活の中で、それほど極端に開立した状態を目にすることは少なかろうと思うので、始めてみた時はかなり衝撃でした(笑)



b0035015_2222378.jpg

[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-20 22:02

てるるの嘴がこんなになってしまった!

b0035015_21818100.jpg
途中からボッキリ折れそうー!
大丈夫なのか~~ 
一方先端の段差は、いつの間にか消えてしまった。

こういうのは、ストロボ不使用の方がよく撮れるので、動いてブレないよう押さえつけられている。

b0035015_218105.jpg
いやなのだー 動くのだー

b0035015_218190.jpg
怒りに頭が膨れている・・・・・のではありません。


ズプリーム商品、こんぱまるにも入荷しました。
なでか代理店の販売価格よりも安かった。ケイティの試供品は、メーカーか代理店か知らぬが許可してないそうだが、ズプリームは既に他商品の試供サイズも作られているから、小分け商品も作られそうだ。
ネクターの方は、アビコのような粒子の細かいパウダー。見た目は水溶ネクターに見えるが・・・・
ペレットは可愛らしいお花の形状をした、小粒カラーペレット。(色は大人しめ)
そこで思い出して、プリティバードペレットの形状を、現在販売されているものと試供品とを比べてみると、それと意識して見なければ分らないほどであるが、やや形状にマイナーチェンジが確認できた。ケイティほど粒が大きくなった訳ではないので、この程度なら、おそらく鳥は気にせず食べてくれるだろうと思う。色の比較も、これまでのものの方がより派手な原色で、ロットの新しい製品は少し地味な色になっているという違いがあった。
家のゴシキたちは、アビコはまだ食べていたが、ライスフォーミュラーもゴールデンフェーストも喰いがかなり悪くなってしまったので、再度ネクターペレットに変更予定。
ナチュラルゴールドの喰いはいいので、時々加えるのもいいと思うのだが、ペレットとしてはかなりコスト高になるのと、メインペレットのローリーセレクトがプリティバードなので、バリエーションには他社ペレット、出来ればローリー専用餌のベタファームと思うのであるが。
ショップのローリー達はベタファの覚えがよく、プリティを嫌うようになったので、少しカロリーが高いためか太ったとも聞いた。家のは、ローリーセレクトが無くなったら、何を喰わすんじゃ・・・という状態なので、えらい違いだ。(以前はショップでも、ネクターペレットばかり捨てていたような気がするのだが)
現在プリティバードが4.5kg、ライスフォーミュラーが500g、ゴールデンフェーストが300g、ネクターペレット200g、ケイティレインボーが300g、未開封のネクトンが1kg(おまけにエッグフードが5.5kg)という在庫過多なので、新商品を試すのはまた今度にしたが、いずれく試供してみるのは間違いないでしょう。

4/11に様子をみて以来8日ぶりにヒナの様子を見る。無事に育っている。産毛がちゃんと開立つしているのは、体調もよい様子らしい。
小さい頃から挿し餌は4回給餌。先の餌が消化してしまってからの方がいいから。親の育てた子の方が立派に育ちやすいのは、消化・吸収のタイミングが上手くあっているからではないかと。
オカメ以上のサイズの子は比較的育ちやすいけど、コザクラ以下を人工給餌で育てるのは、困難らしい。ただしそのスタッフは、文鳥のヒナを3時間おきに給餌して育てたといわれていた。
比較的短い期間とはいえ、その労力は大変なものだろう。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-19 21:19

ある意味、いかもの喰い

そういえば、家の牡も逸走したことが3、4度ある。
いずれも山中で、何かゲームに気を取られての事だが、そのうち2度は、道路距離で自宅から40kmとか80kmとか車で移動した先での事。
戻らぬまま日没になり、登山道入り口で一晩明かしたこともあった。
いずれも自力か、ほぼ自力で戻って(車までの意)来たのだが・・・・・

先日犬仲間から分けて頂いた鹿肉と猪肉を、この美食家(?)の犬に試食させてみると、鹿は食べなかったが、猪は食べた。猪の方が少し獣っぽい生臭みがあるのだが・・・・
(ボタン鍋用で販売されている質のいい肉は、殆ど臭みはないはずですよ)
部屋に上げてみたとき戯れに、インコ用のドライフルーツの中から、プルーン大の杏を与えてみた。くちびるに挟んだだけでポイと放り出してしまったが、私が手に取り音を立てて食べる振りをしたら、更に吟味した挙句、よく噛んで食べてしまった。
この犬の味覚は謎である。

b0035015_1421159.jpg

野村先生も、飼い主の食べているものに興味があって同じものを食べたら嬉しいのだから、一口食べれば納得するんだよ~てなことを言っていたし、ときどき一口与えているが、(甘やかしているつもりではない)この犬は本当に、ときどき変なものも食べるのだ。(ポテトチップス、バナナチップスetc)馬肉や鹿肉も一緒に食べてやれば良かったのかも知れない。

※ 別に野村獣医の信者という訳ではありません。
[PR]
by kimunegosiki | 2006-04-18 02:07 |