今回気に入った動物  イボイノシシ

特別興味あったわけじゃないけど、連れて行かれた民芸品店で小さな木彫りが気に入って買った。

b0035015_20573086.jpg


保育社の標準原色動物図鑑 動物Ⅱによると、「世界で最もみにくい動物であるとの評を受ける」と解説があるが、イボイノシシにしたら大きなお世話だ。彼らの容姿の基準では、容貌魁偉なほど美人・美男子かもしれないじゃないか!イボは牡によく発達しているが牝はそれほどでもないようだ。よく見るとなかなか愛嬌ある顔立ちをしている。背中のタテガミがかっこいい。

b0035015_20574224.jpg


NHKの自然番組で、ちょうどイボイノシシを特集したのを見ていた。イボイノシシは森を出て草原に住む唯一のイノシシで、他のイノシシの仲間より足が長くて最速のスピードを持つらしい。走る姿は馬のよう。55kmのスピードを1km持続できるんだそうな。
これはチーターは別格としてライオンやハイエナよりも遅いが、それでも凄いスピードだ。換算すると100mを6.6秒で走れる訳だから、一緒によーいどんしたらどんな早い人でも30~40m後に取り残されてしまう。最も動物の能力の中で人間は遅すぎるのかも。


※ちなみに同じ図鑑で動物のスピード記録を見ると、あの面妖な顔をしたヌーのスピードは驚くべきもので、トムソンガゼルと同着5位の100m・4.5秒、時速80kmとあった。サラブレッドで60~70kmくらいですかね。



どうです この華麗な走りは。
b0035015_20591510.jpg


↓これは反転して追っていたチーターを蹴散らすの図。向こう息もなかなか強いのだ。肉は美味でライオンはイボイノシシが大好きらしいが、子イノシシでも果敢に立ち向かったり、成獣だとライオンの掌を突き破るほどの反撃をするらしい。
b0035015_2126294.jpg




ダーウィンが来た! は←こちら
[PR]
# by kimunegosiki | 2009-03-02 14:19 | アフリカ

アンボセリ


アフリカの野ネコ・・・・・

姫路セントラルパークではありません。
アンボセリ国立公園という、アフリカのケニアはタンザニアに接する南部にある保護区域で出会った大物!

b0035015_14494679.jpg

えー 2週間アフリカに行っておりました。

目的はアフリカ最高峰キリマンジャロへの登山だったんですが、せっかくアフリカまで行くんだから目玉商品のサファリも経験しようと――というかサファリが組み込まれたツアーだった訳ですが、サファリ(直訳は旅の意=古くはハンティングもあったが、現在は主に動物観察の意味で使われている言葉)を楽しみ、次回はそれが主目的でアフリカに来てもらおうという商業戦略によるツアー日程だった為、なんとか無事に7名全員の参加者がキリマンジャロ山頂に登頂できた翌々日、ライオンに会いに来とる訳でした。

テレビで見てるとサバンナで簡単にライオンが見られるように思ってしまうけど、実際は違う。予備知識としては知っていたけど、居さえすれば、百獣の王の貫禄を見せたライオンが群れでゆったり寛いでいると私も思っていた。しかし2日間のサファリで草食動物は数え切れないくらい見たけど、ライオンはそれぞれ1頭でいるところを3回見ただけだった。国立公園によって見やすい動物の種類は違って、ここアンボセリはそれ程ライオンが多い訳じゃないようだけど、肉食動物は草食動物に比べて圧倒的に少ない割合でしか存在しえないんだなぁ~という事を、納得させられたできごと。
[PR]
# by kimunegosiki | 2009-02-27 15:24 | アフリカ

2009

謹賀新年

b0035015_9234375.jpg

牛ですが水牛です。場所は竹富島。
一年あまり竹富で仕事をしていた友達が見て「あっ ブー子だ。ブー子は可愛いよね」と言ってました。取り合えずはお花で可愛く飾られているブー子です。
[PR]
# by kimunegosiki | 2009-01-02 09:28 | 沖縄

腕にのる

b0035015_0101534.jpg


ケージの戸を開けると来ます。
ちー子、シイラと跳んでくると、ちびちー子も。
最初は「せーの」って感じで思い切って跳んでみたという感じだったけど、数度目になるとほぼ躊躇しなくなりました。セーターの素材に興味あるようです。
ゆびを出したらこわごわ味見していますが、もっと触ろうとすると、ちー子に噛みつかれます。
ちびちー子のクチバシは黒がほとんど抜けたけど、センターの黒ぽっちは残っています。ほくろ?

b0035015_0102523.jpg


ちー子、こわいよ。


[PR]
# by kimunegosiki | 2008-12-17 00:16 | インコ

エッグフード

b0035015_23525527.jpg
クイコのエッグフード(Sitt)が僅少になり、ショップでも月末~来月まで在庫切れのタイミングの為、今回別メーカーのエッグフードを入手してみた。オランダ製品で、上のバケツはフルーツ入りとの事である。岡山県のパロットパラダイスさんに送ってもらった。2個口で送料込みで¥11000- 
クイコ(Sitt)は、2005年冬に初めて使い、2006年冬から常用、6kgバケツを5 4つだから1年に10 8kgくらい利用してきた計算になる。夏場はペレットに対して半分の量、冬場は同量。そもそも上記パロットパラダイスの見学で、インコの飼料としてエッグフードを日常的に使っているのを見て以来、特にブリーディング用としてでなくエッグフードは利用してよいのだと思った。家の鳥はエッグフードを良く食べ、ペレットよりも喰い付きいいくらいです。(アカエリはシード←粟だけきれいに選って残します)

b0035015_2353375.jpg
左の茶色っぽい方がフルーツ入り。

b0035015_235394.jpg
食虫性及び果実食の鳥(例えば、クロツグミ、ムクドリ、エボシドリ、オオハシ、緑のカササギ?、極楽鳥、カケス)と書いてある。ベリー、パパイヤ、パイナップル、イチジク、アンズ入りで低鉄分だそうなので、ローリー&ロリキート用としてもより適当だろうと思います。
クイコと違って小分け梱包されていませんが、半年以内で使い切りそうなので、余り気遣いなさそうです。まだ味見していません(爆)

[PR]
# by kimunegosiki | 2008-12-06 00:05 | インコ

(頭あらわず)ヌレネズミ

怖いよ、シイラ。(お化け屋敷の人形みたい)

b0035015_22465923.jpg

ガラス越しの廊下は、締め切っていると晴れた昼間は割りに暖かいですが、最近の朝は10℃を下回る事もあります。最初の冬は『こたつユニット暖房』などと気を使い、ヌレネズミのインコを見つけては捕まえドライヤーで乾かしもしましたが、ぶるぶる震えているのを放っておいても別に平気です。屋外禽舎のローリー達は、氷を割って水に飛び込みもするそうなので、自分で水浴びする分には大丈夫なものらしいです。うちのチビインコも一チョ前に水浴びするようになりました。

b0035015_22595969.jpgあまり役立っていなかったですが、今年オイルヒーターが壊れてしまい、私の部屋には室温を上げる種類の暖房器具がありません。氷点下になる事はないので、コタツや電気毛布でまぁいいかなとは思いますが、過酷とまでは言えなくても、インコにとってやや保護不足な環境だし、実際人間も生産性が落ちるので、この際エアコンを導入しようかどうしようか・・・と思っている内に夏が過ぎ、年も暮れようとしています。どうしてくれようか?(まぁ10℃前後あれば人も鳥も暖房無しで充分なんですけどね)

ガーラも3歳頃まではちょっと寒いとすぐ鼻をたらしていましたが、体調を崩すこともなく、いつも最高に気が強いです。
[PR]
# by kimunegosiki | 2008-12-04 23:00

琉球犬ミックス

b0035015_2127501.jpg
名護バスターミナルでバス待ちしてる時に、さりげなく近づいて気が付いたらソコにいた。ちゃんとした首輪もしてたので、近所のわんこだと思う。黒っぽいけど、よく見たら虎毛。でもちょっとバタ臭い絹糸状の毛で、そんな毛質の犬がなり易い、フェルトのだんご状の毛玉が耳の後にあった。

b0035015_2128566.jpg


琉球犬の名を最初に聞いたのは、昭和60年を過ぎた頃だったと思うが、当時既に外観に雑種化の影響が濃くみられ、数えるほどしか確認できなかったらしい。名古屋大学の田名部教授が血液の分析をした結果、北海道犬とよく似たDNA配列だったらしいけど、市販の関連資料は確か洋書(国内発行の英文の本)だけの筈で、まだキチンと目を通していない。虎毛が多い外観はむしろ甲斐犬似で、琉球犬の固定・保存に山梨から甲斐犬を連れて行ったという話も聞いている。

b0035015_21275890.jpg


↓これはダイビングショップの新入り。
b0035015_21503896.jpg
大東島に足の短い土着犬がいるそうで、「わー大東犬かな~」なんて言ってたけど、よく考えたらどうみてもコーギー雑種そのもの。大東犬は雑種だと書かれていた筈だけど、最近は保存の動きがあるらしい。しかし島にはもう牡犬が2頭しかいないとも書かれていた。

b0035015_21574550.jpg
コンクリートブロックが寝小屋。台風の時は流石に避難。
[PR]
# by kimunegosiki | 2008-11-28 21:47 | 沖縄

虫!ちゅうい

↓これは砂に残った虫の跡。

b0035015_22492973.jpg


虫が嫌いな人はクリック拡大しないでね!とちゅういしておきます。
b0035015_2310656.jpgb0035015_23101938.jpgb0035015_23103393.jpg



最初の日の夜中、トイレに行ったらやたら壁を貼っているムカデみたいな虫。大量にいるから気持ち悪い。翌朝、あれだけ沢山いた虫は、屍累々になっていた。あっけなく死んでしまうのね。
もう見慣れて気持ち悪くもなくなってしまったけど、今回島のあちこちでこの虫を大量に見ました。時期が1月ずれているので、11月中旬はこの虫が出てくるのかな?と思って、島ナイチャーのガイド氏(ダイビングの)に聞いたら、「そんなことない・・・けど、何年かに一度大発生する虫かも」とのこと。そういえば島の子供達が、「大変だー、大変だー」と言いながら、紙コップに虫を集めていたらしい。

特に日記に書くつもりもなかったけど今日は、「電車内にミミズ100匹」とかいうニュースを目にして思い出した。詳細をみるとミミズじゃなくて、ミルワームだった。ミルワームと言ってもピンと来ないんだろうけど、あまりにたとえが違いすぎるね。
まー、やっちゃいかんけど、結構笑える愉快犯だと私など思ったのだけど、ネットでの反応は激しいものが多いようだった。生理的に嫌いな人が多いだろうからねぇ。

私の場合、(今は平気になったけど)足の長い虫―げじげじとか、一部の蜘蛛とか―がぞくぞくーとする虫で、嫌いな虫はカメムシ(当地名称はガイダ)くらい。最もゴキブリは素手では掴みたくないし、ナメクジもだけど。
簡単に死んでしまうこの虫を見慣れた後は、両手に掴んで放り投げるバイオハザードとして使いたい妄想を楽しんだのでした。
[PR]
# by kimunegosiki | 2008-11-25 23:11 | 沖縄

まねき猫

b0035015_18165979.jpg


『ナニコレ珍百景』というテレビに出たんでしょうか?国際通りの看板猫 『ハイビスカスまねき猫』、この物怖じしなさっぷりは見事。和歌山のタマ駅長も顔負け?


b0035015_1823822.jpgお譲ちゃんが撫でていたけど目も開けないで熟睡中??
ご利益ありそうなんで、ワタシも頭を触ってきました。いま昼ね中、5時から仕事だそうで、仕事中をみてみたかった!



b0035015_18241621.jpgこちらはうろんな眼つきが素敵な、牧志路地裏のネコ。
[PR]
# by kimunegosiki | 2008-11-21 18:26 | 沖縄

オカヤドカリ

b0035015_1253682.jpg
天然記念物のオカヤドカリだけど、沢山いるので釣り餌に使ったりして、島の人には貴重だと思われていない。でも昔より大きいのが減ったような気がする。
これは久しぶりに会えた、島移住の友達が庭で餌付けしているヤドカリ達。この日は既に食事が済んでいたようで、あまり多くは出てこなかった。昔パスタパーティに呼ばれて行き、ドッグフードを投げたら縁の下からゾロゾロ出てきたのには驚いた。



b0035015_12453682.jpgヤドカリといえど性格は様々。警戒心の強いのやら、大胆なのやら。
ペットとして売られているのは、沖縄産ではないらしい。




b0035015_12454353.jpg
宿借りだけに、背負ってる家はさまざま。 

b0035015_136322.jpg

[PR]
# by kimunegosiki | 2008-11-21 12:54 | 沖縄