生存競争

b0035015_115329.jpg
ハリセンボンでもいないかな~と思って漁港に行ったら、いたいた。
沖縄名でアバサー。イノーアバサー(イノーは干潟の意?)アバサー汁やから揚げで食べられます。無毒。このサイズでは小さすぎるらしい。


b0035015_11515235.jpg
友達が来たけどすぐ消える。
ちょっとシャイな性格だったのかな?


b0035015_1152848.jpg
ヒレをプロペラみたいに動かしてる。
飛行船みたい。


b0035015_11521556.jpg
愛嬌のある魚だけど、歯はするどいらしい。噛まれたというダイバー談もちらほら。


b0035015_1152121.jpg
カニを発見した。


b0035015_11522246.jpg
狙いをつけてる・・・


b0035015_11514596.jpg
アバサジャンプ! カニを襲った瞬間。
もぐもぐ口を動かして食べてるので見ると、
カニは足を1本もがれてた。


b0035015_11524090.jpg
アバサとカニのにらみ合い。
カニも食べ物を探しているのか、水面付近から離れる訳でない。アバサの隙を見て、素早く移動してた。それを見たら、カニを水面に突き落とす気には到底なれなかった。


b0035015_11525172.jpg
フジツボをちぎって投げたら、アバサは追って潜水。やっぱりちゃんと魚なんだなぁ。




オマケ

b0035015_12334198.jpg

[PR]
# by kimunegosiki | 2008-11-21 12:08 | 沖縄

激写! あかんべー


すごい写真が撮れました。

b0035015_20464742.jpg



どうなってんのー? アップしてみよう。

b0035015_20465478.jpg



こちらは瞬膜が完全に目を覆っています。

b0035015_2047132.jpg



ちー子に よー似とるわ。

b0035015_20474460.jpg



頭頂と下クチバシ付近の羽にシイラの影響が見えますねー。

クチバシにおべんと(黒点)付いてるよ。

b0035015_210527.jpg



髪の毛たってます。

b0035015_21398.jpg


相変わらず慣れてる訳じゃありません。慣れてないまま、凶暴になったら困るな。

(ちびちー子が巣箱の中に居るときに)巣箱を開けたら手元に向かって飛び出してきたので、ついでに撮影大会。しきりに口をもしゃもしゃ欠伸をするので、狙って撮ってみました。べろと気道が一緒に写った写真は始めて撮れたよ。
この欠伸連発は、威嚇・・・じゃないだろうし、一種のカーミングシグナルだったのかな~?そんな話、鳥では聞いたことないけど。
[PR]
# by kimunegosiki | 2008-10-30 20:52 | インコ

手乗り?

b0035015_21595413.jpg


食べ物に釣られて乗ってるだけなのよ。



b0035015_220145.jpg

[PR]
# by kimunegosiki | 2008-10-09 22:03 | インコ

あけび

b0035015_20502151.jpg

意味はないけど ちとフォトジェニックだったので。


[PR]
# by kimunegosiki | 2008-09-29 20:51 | 自然観察

彼岸花の神社


b0035015_20344080.jpg



子供の頃これを摘んで帰ったら、縁起が悪いと言われて飾ってもらえなかった記憶がある曼珠沙華とも呼ぶ花。根に毒があるからか?

でも綺麗ですよね。

話は変わりますが、今話題になってる(んじゃないかな?)「荒野へ」(Into the Wild)見てみたい映画です。原作はロッククライマー出身のノンフィクション作家、ジョン・クラカワーの筆。「空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか」や「エヴェレストより高い山」など一連の著作が面白くて当時一気に読んだものです。

話が変わり過ぎだと思う向き、思わせぶってんじゃないけど伏線になるので余り多くは語れません。
[PR]
# by kimunegosiki | 2008-09-29 20:49 | 自然観察

出てコイ ハコの鳥

でてこい でてこい 池のコイ そんな童謡があったと思うけど記憶にあるのはそのフレーズだけ。
うちの箱入りインコはいつ出てくるのかと思っていたら、9月23日ようやく巣箱の外で姿を発見しました。2ヶ月くらいかかるんですね?

b0035015_21505143.jpg

人手で育ててないので、当然のように慣れちゃいませんが、捕まえてしまうと抗うほどではない。

でもちー子に噛まれた~。




b0035015_21524857.jpg

親に比べて少しくすんだ鈍い発色です。





b0035015_21552550.jpg

こちらは水浴のノビタさん。
ホント水浴というに相応しくちゃぷんと漬かったまま制止してました。



b0035015_2157243.jpg

食べ方、ケージの汚し具合等々、すべてに於いてお行儀のよいゴシキですな。


[PR]
# by kimunegosiki | 2008-09-24 21:59 | インコ

中央アルプス山中のイワヒバリ

b0035015_10164912.jpg

中央アルプス宝剣岳~空木岳縦走中に見ました。別名岳雀(ダケスズメ)。岩礫帯の鳥で、人を恐れず岩やハイマツにとまり、ひらひら飛びながら美しい声でさえずるという説明通りよく見かけました。中央アルプスのライチョウは絶滅したそうです。
b0035015_1031303.jpg
他に何度か見たのは鳩くらいのサイズの黒っぽい腰の白がよく目立つ鳥。カササギに似ているけどカササギは九州北部にしか生息しないので違うらしい。山小屋の主人にホシガラスじゃないかと言われたけど、写真でみるホシガラスは白黒マダラの尾の短い鳥だったので違うんじゃないかな。何だろうあの鳥?素早く動くので写真には撮れなかった。


b0035015_1016569.jpg



オマケ画像

北アルプス剱岳付近にて
b0035015_20375845.jpg

[PR]
# by kimunegosiki | 2008-09-11 10:31 | 自然観察

ちびちー子

外に出した時に何気なく、「おい、ちびちー子」と呼びかけたので、仮称決定。

8月29日
b0035015_2221947.jpg
b0035015_22211752.jpg
b0035015_22212522.jpg


9月3日
b0035015_22222586.jpg
b0035015_22224337.jpg
b0035015_22225481.jpg


9月7日
b0035015_22235062.jpg


b0035015_22235923.jpg
b0035015_222466.jpg
b0035015_2224126.jpg


後頭部がいつまでたってもハゲのままです。親に毛引きされてるのだろうか?
明るいところにまだ慣れないのか、外に出すとモグラみたいにタオルケットの間に潜ろうとします。尻尾がいじけててちんちくりん。顔はちー子の子供の頃によく似ている気がします。
[PR]
# by kimunegosiki | 2008-09-07 22:24 | インコ

無駄な情熱


閑話休題。
予備の水入れとして入れた容器に、無理やり体をねじ込んで水浴びしようと奮闘するガーラ。
b0035015_20595713.jpg


おとこってのは何でこうバカバカしい事に情熱を傾けるんだろうか?
b0035015_210734.jpg

[PR]
# by kimunegosiki | 2008-09-06 21:21 | インコ

ちょっと小さいのかな?


体重は時々計ってます。
8月12日  65g
8月20日  88g
8月26日  102g

羽が開いてないせいもあると思いますが、親に比べてちと小振りな子みたいです。アホウドリやコウテイペンギンみたいに雛の時分の方が体重があったりもするのでしょうけど。


8月23日
b0035015_21433669.jpg


b0035015_21435147.jpg



8月26日
b0035015_2143431.jpg

これは遠近感があり過ぎ。

ストロボを使用したためか、この後ちー子に首筋や頭に飛びかかられてしまいました。
襲われなかったけど(腕は噛まれた)怖いのでバスタオルで包んで剥がしましたとさ。


[PR]
# by kimunegosiki | 2008-08-27 21:50 | インコ